読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたはお金を稼いでなにがしたい? 時間のある大学生はそこをもっと考える必要が有ると思う。

オピニオン やりたいこと

work

 

こんにちは。断捨離系大学生のせいや (@faith777dragon) )です。

いま大学三年になり、就活が控えているなか、インターンにすべて落ちてしまったり、バイトをやめたりして暇な時間が増えていくにつれてなんのために自分が働くのかということについて考えることが多くなったので働くことについて自分の意見を書いていこうと思う。

 

お金でしか買えないものは?

 

都会に住んでいる人であれば、米から作ったりせずに、コンビニでお金を払ったり、電車のチケットもお金でしか買えないし、服を作ることは殆どの人はしないからそれを買うためにお金をはらったりしないといけない。

 

たしかに、お金って便利だけど、それはお金をたくさん持っている人だけだと思う。

少し前からミニマリストなどが流行りだしたのはただ単にものを減らしたいという欲望よりは、現在の雇用のあり方、終身雇用の崩壊、給料は増えないのに、物価があがったりということからできるだけ狭いところに移ってお金を節約しないと生きづらくあったからという背景があるのではないかと思う。

 

 

人より多くの時間働いてお金をより稼ぐのっていいのかな?

 

前までは、旅を休暇中にするという目的があったから学校おわってから週に4回ぐらいやってお金を稼いでいたけど、現在嫌なバイトまでしてお金を稼ぎたくないなって思ってしまうのと同時に、やみくもに働くより、時間のある大学生のうちにいろんな稼ぎ方を知り、それを実行していく方が、就職して転職しようとするときに役に立つと思うし、これから個々人の価値をどうかしていくかが生きていくためには必要だと思う。

ただ、時間を売ってお金を得て、時間を便器に捨てていくのはもったいないきがしてならない。

 

別に個々人の自由だからどうこういうつもりはないし、逆にたくさん働いている人からみたらお前なんなの、実家ぐらしだからそんなこと言えるんだろッて言われてもしょうがいないけど。

 

だけど、これまで自分が経験してきて思ったけど、

自分の好きじゃないことで働いてお金を得てもそのお金はたまったストレスを解消するために消えてしまうってこと。

それより、自分の出費を確認してどれぐらい最低限働けばよくて、自分がしたいことにはこれだけお金がかかるからどれだけ働かないといけないということを考える方が簡単。

 

働くってこれから社会にでる人にとって1番長く付き合っていかないといけないものだからこそ、自分がストレスがあまりたまらないで、好きな仕事をするにはどうすればいいのかを考える必要があるのではないかと思う。 

広告を非表示にする